スルスル酵素で下痢になる?その原因と対策

スルスル酵素で下痢になる?その原因と対策

スルスル酵素で下痢になる?その原因と対策

 

スルスル酵素などの便秘解消の商品で気になるのが下痢。
便秘解消させるためにきつい下剤を混ぜ込んでるものもあるようです。

 

スルスル酵素はそんなデメリットがある商品なんでしょうか。
そこを中心に調べてみました。

 

下痢になりやすい?

最初に言ってしまうとスルスル酵素で下痢になる可能性はあります。
これは乳酸菌の効果によるもので、どうしても腸を蠕動させてしまう効果があります。
もちろんこれによって便秘を解消させるんですが行き過ぎてしまう場合もなくはないんですね。

 

あと、急な腸内環境の変化におなかがびっくりしているというのもあります。
とくにスルスル酵素はその量が多いのでその多さに驚き可能性も大きくなります。

 

牛乳なんかの乳製品を取りすぎるとおなかを壊してしまう人っていますよね?
あれと同じ現象だと思えばOKです。

 

下剤作用のある成分が含まれてるとかではないんで安心してくださいね。

 

対策はできる?

そんな下痢の危険ですが対策は可能です。
それはタイミングや量を調節すること!

 

 

公式にもしっかり。
スルスル酵素は1日に12粒程度までを推奨してるんですがそれを調節します。

 

上のQ&Aのように2粒、3粒程度から始めてみるんです。
人によって効果のある量は様々なのでその量でも十分便秘解消できるかもしれませんしね。
それで効果がなければ少しずつ量を増やしていけばいい、という考えです。

 

あと、そのタイミングも結構ポイント。
何も次の日の仕事や学校のある日に試す必要はないんです。
明日休み、今日1日休みという日に飲むことによって下痢のお試し期間にすることができるんですね。

 

休みの日、自由にトイレに行ける日に飲むことで急な下痢の心配はなくなるでしょう。

 

まとめ

 

下痢になる可能性はある
量や飲む日を調節して対策する

 

実際下痢になった!なんて口コミは見かけないのでそこまで心配する必要はないかなと思います。
少しずつ飲むことを心がけましょう!

 

 

 

ホーム RSS購読 サイトマップ